どもり完全に治ったようです。治って1年経過したので記録

どもりが治りました。


治ったあとの記録ってなかなかネット上に書いてないので
メモ書きで残しておきます。

2歳半でどもり初めて、対応をあれこれ試したりしたけれど、
長い目でみると良くなってきた!とかちょっと悪化した!とかは、たいした変化じゃなかったです(^^;)

3歳の1年間は、程度の波はあったもののず~~ッとどもりがありました。
他の親御さんが聞けば、「あらどもりがあるね」とすぐに気が付くくらい。

で、ちょうど4歳になるころに下の子が生まれました。
そしたら、分かりやすくピッタリとどもりが無くなりました。


理由は、たぶん小さな赤ちゃんがやってきて
家全体の雰囲気が柔らかくなったのです。
もちろん、母が一番優しくなりました。

母は赤ちゃんだけじゃなく、子どもみんなに対して優しくなりました。
こどもと過ごす時間は、一瞬なんだな~とピリピリしてたらもったいないと思うようになりました。



母のこころのユトリ


妊娠期間の方が優しくなりそうなものですが、
まだ仕事もしていましたので、
時間に追われ、出産前にあれもしたい、これもしたいと動きまわっていました。

子供のタイムスケジュールもそれなりに、タイトだったと思います。
そして、もう3歳っていうとたいていのことは自分でできます。
なのに、やらないことにイライラ、怒ることも多かったと思います。


で、下の子が産まれると、
母は休まなければいけません。
赤ちゃんのペースに合わせて、日常はゆったりした時間に変わりました。



こどもと過ごせる育児期間に限りあるってことの実感



ちいさなちいさな新生児は
守るべき儚きものっていう存在をアピールしています。
赤ちゃんがそばにいると母性も全開となるようです。

そして、上の子供に対しても思います。
「あ~、4歳って言っても生まれてまだ4年しか経っていないのか~」と、
子供が愛おしく感じます。 
よく健康でそこに居てくれるなと、感謝します。

子供の小さい時期ってあっと言う間なんだなというのも、
嫌でも感じさせてくれたのが赤ちゃんの誕生です。

上の子達の可愛い・そばで過ごせる時間は残り少ないんだと感じました。
子供にピリピリと怒ったり、急かしたりしている場合ではありません。
一緒の時間を楽しまなければなりません。

理屈では分かっていることを、
感情を動かして解決してくれたのが下の子(赤ちゃん)の誕生だったってことです。




よく下の子が産まれるとどもるって言いますが



子供のどもりの情報を調べていて、よく見たのが
2人目が生まれたら、上の子が寂しくてどもり出したというものです。

たしかに、2人目だと母の余裕がなくなるから上の子に構えないっていうのがあるのかもしれませんね。
自分でできることは自分でして!ってやつですね。
我が家の赤ちゃんは3人目だったので、一番上の子が6歳、育児の終わり、親の出番がなくなっていく寂しさを感じていたのが違うのだろうと思います。
(どもったのは今5歳の2番目の子です。)
小学生になったら、ずいぶん一緒に過ごす時間もベッタリ具合も変わってきて、寂しいものです(^^)
こうして、中学校、高校と進んだらお金を出す以外、子供にしてあげることほとんどないですもんね。

0~5歳くらいの子供と過ごす時間は、できれば怒らず急かさず、ゆったり一緒に過ごしたいなと改めて思います。



2歳~3歳ってまだ甘えていいのかも



2~3歳の頃は、自分で何でもできるようになりますね。
だからって、毎日、いつでも完璧に自分の身の回りのことができるなんて、求めたらかわいそうだな~と今は思います。

うちの6歳になったお姉ちゃんでもまだ、たまに抱っこされに来ます。
甘えて着替えさせて欲しいときもありますね。

いつでもなんでも、甘えさせるのは違うと思いますが。

甘えたい時を見極められるようになったような、母レベル上がった気もします。



簡単にどもりの経過まとめ



2歳半 どもりはじめた。

3歳 ずっとどもっていた。

4歳 すっかりどもらなくなった。

5歳 1年経ってもまったくどもりません。


きっかけは、「下の子が生まれたこと」
母の時間がゆっくりペースになった。
余裕が出た。こどもとの時間を大切にしたくなった。

ってことでした。


>どもり始めた時の様子はこちら

治ったようで、またどもったり、
というか3才はずっとどもりがあって、
いつまで続くのかと心配したものです。

いくら心配してブログを書きのこしておいても、
治ってしまうと心配したことも忘れて、
わざわざ記録に残すこともないものですね。

こんな時期もあったな~と改めて、文字に書いて今日も子供との時間は大切にしようと思います。
[PR]
# by nicota2525 | 2015-11-07 13:52 | 2歳児(Souさん)

3才4ヶ月のどもり記録(10ケ月経過) 最近ひどい;;

どもり始め5か月~10ケ月の間は、
たまに酷くなることもあったけど、
ほとんどは、「か、か、かえるさんがね~、とんだよね!」とか。
聞いていて苦しくなるほどでは無かった。


ほとんど気にならない良い時期もあったり、
悪くなったり。

良くなったり、悪くなったりすると聞くのは、
そのまま自分自身の子供への接し方の変化だと思う。

やっぱり気持ちに余裕がある時は、生活時間も声掛けもゆったり出来ていて、
どもりも気にならない。


(悪化する流れってこんな感じ↓)
ゆっくり過ごして、優しくして言葉の調子がよくなってしばらくすると、
今度は、あまりにワガママ放題は良くないと思う気持ちが出てきて、
しつけで注意する面が増えてくる。
(脱いだら畳もうとか。食器片付けようとか。)


さらに仕事が忙しくなってきて、生活の小言を言う上に
子供とゆっくり過ごす時間が減っていく。


そんな流れだった。

この2、3日、再びどもりがひどくなってる。
特にこの1ヶ月、忙しく余裕が無かったのは原因だろうと思う。



今朝のこと、
創作紙芝居を楽しそうに話してくれるのだけど、

「と、と、と、とらさんが、ら、ら、ら、ライオンさんと
い、い、い、い、一緒に あ、あ、歩いていました。」

全ての言葉がどもってる;;;


どもるのは、何かを改まって説明したり、
主張しようとするときだけ。

お母さんお茶ちょうだーい!とか、
ふりかけかけてね!とか自然な会話はほとんどどもっていない。


どもり始めてもうすぐ1年経ってしまうから、(現時点は10ケ月経過)
本腰を入れて子供との過ごし方、接し方を徹底して変えよう。



目標2ケ月!春まではたっぷり時間つくって甘やかそう!!


治ってきたからって、子供に対して余裕がなくなるのはダメだから、
春以降は、なんとなーくしつけを増やしていくんじゃなくて、
一旦立ち止まって、また生活を見直そう。

[PR]
# by nicota2525 | 2014-02-03 10:24 | 3歳児(SOUさん)

どもり 続いています。どれくらいで治るのか?

治ったな~って思ってから、1週間くらいしたらまたどもりだして。

顔を真っ赤にして、息もできないくらいに「お、お~~~」とか言うから
心配な時期が1週間ほど。


その後、苦しそうなほどのどもりは無くなったものの。



最初の言葉を伸ばすどもりが、もう3ヶ月も続いています;;
どもりが始まってから4ヶ月経過。

苦しそうなのが無くなると、どもりを聞くことに
自分が慣れてしまったのかあまり気にもせずに
過ごしていたら3ヶ月がいつの間にか過ぎていました。


「う~んち、と~いれで、出~たねぇ」


さすがに4ヶ月経つと、伸ばす言い方が癖になってるんじゃないの
と心配になり、調べてみると2歳頃のどもりが治った人は半年~1年弱が多いような感じ。


まだしゃべりたいことが盛りだくさんある様子に、
口が着いて言っていない感じはするから引き続き様子は見る。
(SOUさんはとてもお喋り。)


優しい週間をたまにやることに。

・一緒にごっこ遊びしながら、同じ言葉がスラッと出るように繰り返す。
・自然に褒めて自信を付ける



Souさんに目を向けて、ゆっくりゆっくり、できることを集中してやって
あげたらもっと早く治るのかもしれないけど。
なかなか毎日、何日も続けるのって難しいものだな~。
[PR]
# by nicota2525 | 2013-08-27 12:02 | 2歳児(Souさん)

どもり治ったみたい(2歳)  経過

どもる前よりも、おしゃべりが増えたSOUさん。

この2日、新しい単語をどんどん使ってこちらがおどろかされる。


さらに、今まで2語文が多かったのが
3語文以上で話そうとすることも増えた。

新しいお喋りができるようになって嬉しそう。



どもりもほとんど無く、
大人でも言葉が出ない時の深呼吸とか、1~2回程度のつっかかりになった。


これだけ急にお喋りが増えると、
どもりは単に成長の過程だったのかもしれない。


この先またどもりだすことがあるのかもしれないけど。


とりあえず、もうどもりのことは忘れてしまいそうなので記録。
どもりが気になったのは合計1週間くらいでした。



ゆっくり話す、ゆっくり聞く習慣は続けていこう☆
[PR]
# by nicota2525 | 2013-04-15 09:11 | 2歳児(Souさん)

どもりは愛情不足なのか? 成長要因もかなり大きいと思う。

2歳のどもりについて。
私はあとでホームページにまとめようと思って、
割と細かく状況を書いたり、調べたりしている途中。

普通は、2~3歳のどもりは理解できる言葉が増え、
口がついていかないっていう成長の証。


ゆっくり話せるように見守ってあげる。
これだけで良いと思う。



でも熱心なお母さんや、自分や子育ての環境に問題を感じていて、
”愛情不足”が原因、自分が悪いって思っているお母さんが
多そうなので書いておく。



いろんな環境があるけれど、
言葉の発達どもりについては、原因も対策も明確に解明されていない。 ※調べたかぎり。


だから、考えられる理由をピックアップしてみて、
自分で変えられることを実行して、少しでも良い環境を用意してあげるだけ。
それ以上に悲観的になる必要がない。

どもりを気にしない、
何より母の心のゆとりはすっごく大事。



<うちの子のどもり自己分析>

性質的要因
・生まれ持ってどもりやすい資質。
 (プレッシャーをかけないことで成長とともに自然と改善。)

発達的要因
・頭で思った言葉に口の動きが付いていかない
・自我の芽生えで”主張したい”とりきみがある。
 詳しく≫

環境的要因
・母自身、忙しく、子供の話を聞いて、答えて…の密な会話が少なかった。
 聞き流していた。
 子供へ目が向いていなかった。
・2才上のお姉ちゃんの会話スピードが速くて焦る。


<対策>
・ゆっくり話を聞く時間を作る。1日30分。


子供が話し始める時と同じで。
言葉
の出始め・成長期は特に
ゆっくり、じっくり、ていねいに。が基本だと思う。

対策は実にシンプル。




<誰でもできること>

いろんな環境のお母さんが居て、ゆとりが無いから困るのだけど、
思い出したのは「語りかけ育児」
という本。読むと心のゆとりに気付ける良い本。

我が子2人ともお世話になっている。
要は、1日30分だけで良いから子供と向き合って話しをする。
話しをゆっくり聞いて、じっくり返してあげる。


特に、子供の興味の向いた話を簡単な言葉で繰り返す。
「くまちゃんがいたね~、くまちゃんはお家でねんねしてるね…」
これがベース。

1日30分が無理でも、せめて15分は何とかなるんじゃないかな。

我が家は、お姉ちゃんが居て弟だけの30分が取れないから、
朝弟を30分早く起こして絵本を読む時間を作ることにした。

環境的に無理だから、ごめんねと子供に謝るよりは
2人の時間が出来て、安心感と自信は持てるだろうなと思っての私なりの行動。



3歳を過ぎるともう少し根気がいることになるだろうね。
もちろんいくつになっても自然治癒力、うまく付き合うっていうことは
時間をかければ出来るので大丈夫と思う。

ただ年齢が小さいほど方向修正しやすい、
その時期が一番労力は少なく済む。


何かを責めるのは簡単なこと。
今とこれからが少しでも気持ちよく過ごせるように
状況に対応して行動を変えていくことに目を向けていきたいものです。



<育児書に書いてあったアドバイス>

覚える言葉と話せる言葉は違い、年齢的には難しい音があることを心にとめておき、
何か伝えたい子どもの心がしぼまないよう、ことばより気持ちを受け止め
成長をゆったり待ちましょう。


育児百科から引用
[PR]
# by nicota2525 | 2013-04-12 14:52 | 2歳児(Souさん)


旦那とKanさん(2歳)、Souさん(0歳)、ママさんの4人家族のおもしろおかしな日常を写真で綴ります。デジタル一眼カメラ練習中。。


by nicota2525

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

どもり完全に治ったようです。..
at 2015-11-07 13:52
3才4ヶ月のどもり記録(10..
at 2014-02-03 10:24
どもり 続いています。どれく..
at 2013-08-27 12:02
どもり治ったみたい(2歳) ..
at 2013-04-15 09:11
どもりは愛情不足なのか? 成..
at 2013-04-12 14:52
どもりで話さなくなっていた子..
at 2013-04-12 14:37
2歳の自我とどもりは関係あり..
at 2013-04-11 20:50
2歳半、どもり始めた。 経過..
at 2013-04-09 22:33
子供のどもりへの考え方、基本..
at 2013-04-08 16:15
2歳ごろの1次性どもり 基礎情報
at 2013-04-04 14:33

カテゴリ

全体
2歳児(Kanさん)
6~11ヶ月赤ちゃん(Souさん)
1歳~1歳半(Souさん)
姉弟
ファミリー
パパ
ママ
ather
連絡メモ
2歳児(Souさん)
3歳児(Kanさん)
3歳児(SOUさん)
日記
未分類

以前の記事

2015年 11月
2014年 02月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 02月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

フォロー中のブログ

家事日和(イエコトビヨリ...
勇気リン凜

検索

タグ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧